豆と粒

美容と健康には「豆と粒」がいい!フリーランス、アラフォーママのアンチエイジング日記

【酒粕チーズケーキ】「酒粕」を使ったお菓子作りに初挑戦!「榎本美沙さんの発酵暮らし」のレシピを作りました

発酵に興味を持ってから使ってみたかったのが板状になった「酒粕」です。パッケージを開けると、ふんわりと「酒粕」のいい香り。子どもの頃の冬を思い出し、懐かしい気分に。自分の子どもにも食べてもらいたいと思い、お菓子に入れて初挑戦しました。参考にしたのは『やみつきになる「酒粕チーズケーキ」榎本美沙さんの発酵暮らし』です。隠し味の「酒粕」がチーズケーキにコクを出し、なんとも言えないくせになる味でとっても美味しいです。子どもでも食べられますよ!

酒粕チーズケーキ

『やみつきになる「酒粕チーズケーキ」榎本美沙さんの発酵暮らし』のレシピ

 材料 

  • クリームチーズ 200g

  • 酒粕(板粕) 40g

  • グラニュー糖 50g

  • 生クリーム 80mL

  • 卵 1個

  • 薄力粉 大さじ2

※レシピは『天然生活 やみつきになる「酒粕チーズケーキ」榎本美沙の発酵暮らし』

を引用しました。詳しくはこちら

https://tennenseikatsu.jp/_ct/17494898

使ったのはこれ!

スーパーで普通に売っている「酒粕」

スーパーで普通に売っている「酒粕」

 作り方 

1.
耐熱容器に酒粕をちぎって入れ、大さじ1の水をふりかけ、ラップをかけて600Wのレンジで30秒ほど加熱してよく混ぜる。オーブンは180°Cに予熱する。

耐熱容器に酒粕をちぎって入れ、大さじ1の水をふりかけ、ラップをかけて600Wのレンジで30秒ほど加熱してよく混ぜる。

2.
ボウルに常温にしたクリームチーズと酒粕を入れ、ゴムベラでなめらかになるまで混ぜ、グラニュー糖を加えてすり混ぜる。だまにならないようにしっかりと混ぜる。

ボウルに常温にしたクリームチーズと酒粕を入れ、ゴムベラでなめらかになるまで混ぜ、グラニュー糖を加えてすり混ぜる。

3.
生クリーム、溶いた卵をそれぞれ少しずつ加え、その都度泡立て器で混ぜる。なめらかになったら、
生クリーム、溶いた卵をそれぞれ少しずつ加え、その都度泡立て器で混ぜる。なめらかになったら、薄力粉をふるい入れゴムベラで切るように混ぜる。

薄力粉をふるい入れゴムベラで切るように混ぜる。

薄力粉をふるい入れゴムベラで切るように混ぜる。4.
粉気がなくなったらクッキングシートを敷いた型に流し入れ、表面をきれいにならし、トントンと上から数回落とし、空気を抜く。
粉気がなくなったらクッキングシートを敷いた型に流し入れ、表面をきれいにならし、トントンと上から数回落とし、空気を抜く。5.
180°Cに予熱したオーブンで40〜50分程度焼き、竹串を刺して生地が付いてこなければ出来上がり!

酒粕チーズケーキ

粗熱が取れたら冷蔵庫で一晩寝かし、冷やしていただく。

作り方のポイントは?

クリームチーズは常温にするか、600Wのレンジで10秒位温めると、混ぜやすくなります。ダマになりやすいので、砂糖を加える前にしっかりと混ぜてくださいね。

どんな味?

子どもでも食べられますよ!

一晩寝かせると、後を引くなんとも言えない濃厚な味に。普通のチーズケーキとは一線を画す独特な味ですが、子どもでも美味しく食べられます。

酒粕の栄養、効能とは?

酒粕に含まれる「ペプチド」という成分が、血圧の上昇をおさえる働きがある。

食物繊維が豊富なので、便秘知らず!

ビタミンB群が肌をキレイにする効果も!

体が温まるので冷え性改善に効果的!

詳しく知りたい方はこちらへ

https://sakenoshizuku.com/sake-lees-effects

↓『甘酒』のレシピはこちら

mametotubu.com

栄養もとれるし体が温まるからおすすめです!

「酒粕」は体も温まるし、まさに「日本の冬」の食べ物。「粕汁」もいいし、「酒粕の甘酒」も冬におすすめですね!余った「酒粕」で次は何を作ろうかレシピを検索中です。

みなさんもぜひ作ってみて下さいね!

今回は、『やみつきになる「酒粕チーズケーキ」榎本美沙さんの発酵暮らし』のレシピを作りました。発酵食品を上手に取り入れて、美味しく、楽しく、アンチエイジング!!